MSS-20に使うスラッグ弾はレッドバードにします

すっかりと秋めいてきた長野市若穂です。
僕が所持しているMSS-20はチョーク式でシリンダーチョークで通常のスラッグ弾を撃つことができ、ライフリングチョークを付ければ通常のスラッグ弾よりも命中精度が良いと言われているサボットスラッグ弾を撃つことが出来ます。

シリンダーチョークとスラッグ弾(狩猟用レッドバード)の組み合わせでは、以前なかなかの結果を出せていたことは確認できたのですが、より精度の高いと言われているサボットスラッグ弾も使用してみたくて先週、菅平の射撃場で撃ってきました。

その結果から判断して今季のMSS-20はシリンダーチョークとレッドバードの組み合わせで行くことに決めました。

サボットスラッグの結果はこんな感じでした。
“MSS-20に使うスラッグ弾はレッドバードにします” の続きを読む

初めて狩猟用装弾を買ってみた。転用について

今日の若穂は朝から大雨。台風が近づいてきています。
さて狩猟解禁まで1ヶ月を切りました。いよいよ狩猟開始に向けて弾の購入など始めました。所持許可が出てから弾はたくさん買いましたが、それはすべて使用用途は【標的】つまり射撃場で使うためのものです。

猟友会への入会手続きも終わり、狩猟者登録も終えると【狩猟用火薬類無許可譲受票】という紙がもらえて、この紙があって狩猟用途の弾が購入できるようになります。

今日その狩猟に使うための弾を買ってきました。購入したのはMSS-20に使用するスラッグ弾(20番ウィンチェスター製 サボットスラッグ弾)です。これは単独での鹿忍び猟で使う予定の弾です。

いままでMSS-20でレッドバード(フィールドロード)は射撃場で撃ってなかなか良い結果がでていたのですが、せっかくのMSS-20なのでこのサボットスラッグ弾で100mの集弾性能を見てみたいと思います。

ところで何となく狩猟用途で購入した弾は射撃場でも練習できる。つまり転用できると知識であったのですがイマイチ曖昧なので根拠を調べてみました。

“初めて狩猟用装弾を買ってみた。転用について” の続きを読む

スキート銃でトラップを撃つ(その後編)

今日の若穂は珍しく雨です。
今日明日から寒くなるようで若穂保科にある野生鳥獣食肉加工施設【自美恵】での作業時はいままでエアコンをつけて部屋を冷やして作業していましたが、エアコンなしで作業できる天気です。
あと二か月もすれば冷蔵庫なみの気温になるんでしょうね。いよいよ移住後2回目の冬がやってきます。

さて前々回のブログで書いた【スキート銃でトラップを撃つ】ですが、その後の結果を書きたいと思います。

まずスキート銃にチークパットを付けてトラップを撃つというのは却下です。

“スキート銃でトラップを撃つ(その後編)” の続きを読む

長野県ハンター養成学校 第二回目(罠編)

長野県ハンター養成学校

今日も若穂はいい天気。
全国的にハンターの減少が言われていますが、わがまち長野でも若手ハンターを育成しようということで、長野県主催の【ハンター養成学校】の募集が数か月前位にあり応募していました。

全5回の本格的な講習会で講習終了後はベテランとのOJTも可能とのことで本気で学びたい若手ハンターにはありがたい話です。しかもこれ無料です。
一回目の座学は仕事のために出席できず。今回の二回目は罠の講習でした。

教科書に載っているような事も勉強しますが、そのほとんどは実践的な内容で僕のように師匠について狩猟を教えてもらっている者でも十分勉強になる内容でした。

“長野県ハンター養成学校 第二回目(罠編)” の続きを読む

平成29年度狩猟者登録費用はこんなだよ

今日も若穂はいい天気
さて狩猟期まであと一か月半。根っからのハンターさんはまだかまだかと解禁日の11/15を待ち望んでいるかと思います。

私はといいますと長野に来て9ヶ月。イノシシとシカの解体作業は仕事として携わる環境だったので、通常のハンターさん上級者レベルくらいにはなっているかと思います。山で解体しているわけではありませんが50頭くらいは経験したのでかなり手馴れてきました。

ただし獲る方は未経験者です。有害駆除班にはまだ入っていませんので獲る方のデビューは今年の狩猟解禁日からとなります。

さてわが若穂でもいよいよ狩猟者登録の案内が来まして10月中旬に手続です。お知らせに登録費用の一覧がありましたので、これから狩猟をやってみたいと思って居る方の参考になればと思い記事にしてみました。

いや~だいたい予想はしていましたが高いですな・・・・・・
“平成29年度狩猟者登録費用はこんなだよ” の続きを読む