四十にして初めての田植え

若穂 稲作

今日も若穂はいい天気です。「自分所の食う米くらいは作らなきゃいかん」とのありがたいお言葉に甘えて共同で稲作を始めることになったのは以前書きましたが、今週の火曜日にいよいよ田植えをしてきました。

畑はもちろん稲作も初めての経験のわたしにとって何もかもが新鮮です。こちらに来て皆さんが「畑に比べれば稲作は簡単なもんだ」という声をよく聴きましたが、この意味がなんとなく解ってきました。

“四十にして初めての田植え” の続きを読む

40のオジサンがハンターとファーマーになる

今日も若穂はいい天気。
春真っ盛りの若穂です。若穂はとても広く・・・何と比較して広いというのもありますが、他の長野市の地区より広いのではと思う。のだが・・・

ちょっとwikiで調べてみる。
若穂保科⇒33,770,200 ㎡
鬼無里 ⇒58,908,380 ㎡
信州新町⇒70,730,000
中条⇒33,290,000

ざっと知っている長野市の中山間地域の面積。とくに若穂保科は他の地区と比較して広くはないようですが、まあ気持ちの問題という事で片付けましょう。

さて長野市役所若穂支所の桜の花びらはすべて散ってすっかり葉桜になりましたが、野生鳥獣食肉加工施設のある高岡地区はつい昨日に地区の花見祭りがあり丁度ソメイヨシノが見ごろでした。

さらに上を行って菅平まで登れば、これからフキノトウシーズンなので上と下では1か月くらい違う感じです。

さて今日は農業のお話です。 “40のオジサンがハンターとファーマーになる” の続きを読む

田舎暮らしの楽しみ山菜2(オニヒカゲワラビ?編)

今日も若穂はいい天気。若穂(保科の下の方)のフキノトウシーズンは終わり、次はコゴミの季節になりました。

コゴミは山菜採り初心者の私でも比較的判別しやすい山菜ですが、なかなか採取できるくらいの良い株は見つかりませんが既に羽が広がったコゴミはよく見かけます。

そんなコゴミ探しをしているところと同じようなところにワラビになんとなく似ているんだけどワラビとは違う、でもおいしそうなシダ類の若い芽をみつけました。

“田舎暮らしの楽しみ山菜2(オニヒカゲワラビ?編)” の続きを読む

狩猟オフシーズンの練習をする

今日の若穂は日中とても暖かくというか25℃もあって暑いくらいでした。
先週末は天気も良かったので、まだ行ったことの無い若穂周辺の林道を歩いてきました。

今年の11月の狩猟期にはワナと猟銃での狩猟をスタートさせる予定なので、その練習の意味も込めて模擬忍び猟といったところです。もちろん猟銃はまだ持てないので銃の代わりに一眼レフカメラをもっての練習です。 “狩猟オフシーズンの練習をする” の続きを読む

ふき味噌にハマる

若穂のフキノトウ

今日も若穂はいい天気。こちらに移住してきて楽しみにしていたのが山菜です。
神奈川県で山菜取りが出来ないわけではありませんが生えている場所を探すには経験者の同行が不可欠だし、なにより素人の初心者が行って採れるようなところは他の人も獲っているだろうし、何よりも2時間、3時間かけて山菜が採れる現地に行くというのも面倒くさい。

やっぱり地元の山で採れたらどんなに楽しいかな~とは思っていましたが、けっこうあっさりと山菜第一号と巡り合えました。フキノトウです。フキノトウは山菜というのかは?ですがまあ山の幸としてめでたく収穫できました。

“ふき味噌にハマる” の続きを読む