スキート銃でトラップを撃つ

今日も若穂はいい天気。

狩猟解禁までいよいよ2ヶ月を切りました。狩猟期間が始まればできる期間は3ヶ月。そうなんです狩猟と言う趣味は実に期間の短い趣味なのです。

なので準備万端当日を迎えられるように解禁日までに装備の準備だけでなく、射撃の練習も積極的に行っています。準備期間のほうが圧倒的にながいのでその時間をいかに楽しむかというのも狩猟の重要な要素ですね。

自分の所有する上下二連銃はスキート銃です。スキート射撃をするために作られている銃なのでスキート射撃の練習結果は自分でもまあこんなもんだろという結果がでてきています。前回のスキート射撃の結果は14、16、17、15といった感じ。ちなみに満射は25ね。

ちなみに猟銃の所持許可が下りて現在まで射撃場で撃った散弾は925発(スキート・トラップ合わせて)です。単純計算で弾代だけで1発40円として37,000円分ですね。

“スキート銃でトラップを撃つ” の続きを読む

若穂サルスベリの丘がすごいぞ!

若穂サルスベリの丘

今日も若穂はいい天気。
若穂の観光スポットとは数こそ少ないですが個性的なところがあります。その個性的な場所筆頭といえば【サルスベリの丘】でしょう。

【信濃毎日新聞 8月18日記事】
長野市若穂保科の「サルスベリの丘」が見頃を迎え、赤やピンクの色鮮やかな花が山あいを染めている。

近くの植木職人入井一人さん(67)が15年ほど前から植え始め、手作りの遊具なども整備。毎年木を増やし、今年は昨年より100本ほど多い約1300本という。今年は例年並みの8月初旬に麓から開花が始まり、数日前に咲きそろった。来月中旬までは楽しめるという。

とありますように今サルスベリが満開を迎えています。

若穂【百日紅の丘】
若穂【百日紅の丘】

“若穂サルスベリの丘がすごいぞ!” の続きを読む

長野びんずる踊ってきたよ

びんずる生演奏中 「いっち に~ さん し~」がループします

今日も若穂はいい天気。さて先週の土曜日8/5(土)は【長野びんずる】が行われていたので、夏休みで帰省している長女といっしょに見に行ってきました。

一週間前の7/29(土)にも若穂にて【若穂ふれあい踊り】があって僕も市役所連の一員で踊ってきました。

関東でお祭りと言うと盆踊りですが、盆踊りで踊っているのは地元の婦人会のおばさんたちくらいで、それに子供がちらほら、一般のご婦人がちらほらと言った感じでいい歳のおじさんはあまり踊っていない。

また祭りで神輿というのもあるが、住んでいたのは下町でも無い普通の住宅街でよほど自治会に積極的な人でないと神輿を担ぐこともない。ということでこの歳まで祭りには参加したことがありませんでした。

ところが長野に越してきて7ヶ月。若穂で踊って、なんと長野びんずるでも踊るというハプニングがおきてしまいました。

祭りがはじまったばかりの様子。
祭りがはじまったばかりの様子。

“長野びんずる踊ってきたよ” の続きを読む

梅雨になり畑水没

吾朗とジャガイモ

今日の若穂は梅雨真っ盛り。雨の少ない梅雨だと2週間くらい前には言っていましたがその雨の少なさを5倍返しだ!と言わんばかりに毎日降り続いています

梅雨の大雨に合わせて台風まで来ているとの事で農家さんは大変ですほんと・・・・と去年までは大変だねで済んでいましたが、ただ今わたくしは猟師修行中でなんちゃって農家でもありますので他人ごとではなくなりました。

借りている田んぼの隣に田を畑としているところにあり、そこの一角を借りています。
もと田んぼということで里芋と枝豆を植えていましたが、里芋よりもジャガイモが食べたいということでジャガイモを40mほど植えていたんです。これが大変なことに。 “梅雨になり畑水没” の続きを読む

四十にして初めての田植え

若穂 稲作

今日も若穂はいい天気です。「自分所の食う米くらいは作らなきゃいかん」とのありがたいお言葉に甘えて共同で稲作を始めることになったのは以前書きましたが、今週の火曜日にいよいよ田植えをしてきました。

畑はもちろん稲作も初めての経験のわたしにとって何もかもが新鮮です。こちらに来て皆さんが「畑に比べれば稲作は簡単なもんだ」という声をよく聴きましたが、この意味がなんとなく解ってきました。

“四十にして初めての田植え” の続きを読む