スキート銃でトラップを撃つ

今日も若穂はいい天気。

狩猟解禁までいよいよ2ヶ月を切りました。狩猟期間が始まればできる期間は3ヶ月。そうなんです狩猟と言う趣味は実に期間の短い趣味なのです。

なので準備万端当日を迎えられるように解禁日までに装備の準備だけでなく、射撃の練習も積極的に行っています。準備期間のほうが圧倒的にながいのでその時間をいかに楽しむかというのも狩猟の重要な要素ですね。

自分の所有する上下二連銃はスキート銃です。スキート射撃をするために作られている銃なのでスキート射撃の練習結果は自分でもまあこんなもんだろという結果がでてきています。前回のスキート射撃の結果は14、16、17、15といった感じ。ちなみに満射は25ね。

ちなみに猟銃の所持許可が下りて現在まで射撃場で撃った散弾は925発(スキート・トラップ合わせて)です。単純計算で弾代だけで1発40円として37,000円分ですね。

900発近く撃ってようやくこの銃の特性というか、どのように構えてクレーを狙いを付けて撃てば当たるのかがスキートではなんとなく感覚がつかめてきたのですが、いかんのはトラップ射撃。とにかく中らない。まあ下手なんですがね・・・・

スキートといっしょにトラップ(15m)やるのですが前回の練習まではほんとどこを狙えば中るのかまったく掴めず。練習とはいいつつ弾の無駄遣いを感じていました。

スキート銃なのでトラップを撃つには確かに不向きではありますが、それにしても中らない。射撃教習でトラップ射撃をやったときトラップ銃で普通に撃って10は軽く超えていたのですが今のスキート銃ではとにかく中らなくて10点すら越えられず、もんもんとしていたのですが前回の射撃でのクレーの狙い位置を思いっきり下にしたら当たるようになった。

またプーラーをしていた射撃指導員のかたに、その話をしたら薄々自分が考えていた答えを教えてもらいました。

【スキート銃でトラップを撃つ場合、かなり被せて撃たないとトラップは当たらない】

この言葉を聞いてやっぱりそうだったのか~と確信したのでした。
図で示すとこんな感じ

照星、中間照星の見え方
照星、中間照星の見え方

現状普通に銃を構えると、照星と中間照星がほぼ重なる状態で見えてます。
リブもほとんど見えない状態です。(図は照星と中間照星がダルマ上で示していますが)
つまりリブの高さと目の高さがほぼ同じなんですね。

この見え方でスキートを撃つと。照星にクレーがのる状態で撃てば当たります。
でもこの方法でトラップをいくら撃っても全然割れません。いろいろ試した結果トラップでは照星より下の銃口に隠れるくらいで撃つと当たることが解ってきました。
トラップ銃だとたぶん照星の上にのるくらいで撃てば当たるはず。

中る場所はわかったけど、これ場所が悪い。だって狙うクレーも見えないし、当たったかどうかも見えにくい。
そこで射撃指導員の方にアドバイスいただいたのが、銃床にパットを付けて目線を高くするといいよ。これでたぶん被せて撃つ角度は改善するとのこと。

なるほど、なるほど、薄々自分で考えていたことを指導員の方に教えていただきなんとなく光が見えてきました。

僕のつたない文章では解りにくいと思うのですが、この事をよく解説しているサイトがありましたので紹介します。

散弾銃の照準(頬付けの意味)

このサイトをみて更に確信。目線を高くすればたぶん改善できる。
ということでトラップ射撃をやる時だけですが、チークパットと言われるパーツを付けてみることにしました。

ブラックホーク チークパッド 90CP01BK
ブラックホーク チークパッド 90CP01BK

取り付けるとこんな感じです。このタイプは横に散弾やライフル弾を入れるような機能も無くあくまでもチークパット、チークピースの機能のみのパットです。

取り付けはマジックテープのバンドです。これが長いので切断してちょっと加工をしたらこの通りピッタリです。

これでトラップ射撃をやってみたいと思います。さてさて理論通り改善ができるでしょうか。劇的に改善したら是非また記事にしたいと思います・・・・が。

もしかしたら思いっきり勘違いして間違えていることを書いているかもしれませんのでその際はそぉ~と記事を消そうと思います。

まあトラップを撃つには安くてもいいからトラップ銃を買えばすべて、すべて解決なのですが銃を増やせば当然維持費も増えるので安易に増やせません。

ちなみに今回買ったチークパット、ボルト式散弾銃 MSS-20にもピッタリです。スコープが付いていて目線を高くしたかったので、こちらにも使えそうです。さて次回の射撃練習が楽しみです。

ちなみに人によっては「そもそもスキート銃でトラップを撃つこと自体が間違っている」と言う人もいるかもしれませんが、それを言ったら元も子もないので大目に見てくださいね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です