黒部アルペンルートで立山登山

今日も若穂はいい天気。今週は夏休みをとり久々にのんびりと過ごしています。

長野に引越してきて北アルプスもずいぶんと近場となりましたが、いざ引越してみるとなかなか忙しくて行けませんでしたが今回の夏休みを利用して2泊3日で立山に登山に行ってきました。

8/12~8/14と夏休みシーズン真っ盛りでしたが立山もルートを考えれば人も少なく心地の良い登山が楽しめました。家からもそれほど遠くなく公共交通機関でいきなり標高2500mまで行けるのも魅力的です。

一つ難をいえば出発点となる扇沢からテント場となる室堂まで往復9000円近い交通費がかかる事ですが、まああれだけの設備を維持するにはこれくらい取らないとやっていけない状況も理解はできます。

今回は2泊3日でベースキャンプを雷鳥沢キャンプ場に設けて、日帰りで近くの山を登ろうとのコンセプトで行ってきました。

最近は長女次女ともに大きくなるにつれて、がっつり登山は嫌がるようになりまして私自身も 自宅⇒車⇒職場 の毎日で足の筋肉などずいぶんと痩せてしまったので無理せず半日程度の登山となるようにルート選定

二日目に雷鳥沢キャンプ場~剱御前小屋
三日目に雷鳥沢キャンプ場~龍王岳

と朝7時半頃に出発してお昼くらいには帰る楽ちん登山でした。
ヤマレコなどにはがっつりと立山三山縦走する記録がたくさんあると思いますが、今回の私のような楽ちん登山もファミリー向けにはいいかと思います。

剱御前小屋まではキャンプ場から1時間半ほどで、そこまで行くと前方には剱岳の雄姿が拝めます。

龍王岳のすぐ隣が雄山なのですが雄山は登山客で行列をなしているのに龍王岳は人もまばらで、ほどよい高度感があっておすすめの山です。

龍王岳
龍王岳
龍王岳てっぺんでグリコ
龍王岳てっぺんでグリコ

本当は3泊キャンプ場でのんびりする予定でした。しかしながら2泊で切り上げてきたのは雷鳥沢キャンプ場売店が無いんですよね。。。かなりメジャーで大きなテント場なので普通の山小屋みたいにジュース、ビール、軽食くらいはあるかと思ったのですがそこは下調べが足りませんでした。

ベースキャンプ地とした雷鳥沢キャンプ場
ベースキャンプ地とした雷鳥沢キャンプ場

やっぱり登山の後のビール・・・おでん。ご褒美のソフトクリーム。の存在はでかい。
ちなみに上高地から行く涸沢というテント場。

そこは登山開始から6時間くらい歩く先にあるテント場ですが、ヘリで荷揚げをしているのでビールに焼酎、おでんにソフトクリームなんでもござれの極楽テント場です。

そんなテント場を求めてまた山に行きたいですね。
それにしても剱岳はじめてみましたが険しいですね。私はこの先の人生においても剱岳を目指すことはないでしょうが、もしかしたら娘たちが将来目指すのかな~なんて思いで見てました。

詳細はヤマレコでどうぞ。


“黒部アルペンルートで立山登山” への4件の返信

  1. 久しぶりの室堂周辺の風景
    ヤッパリ綺麗ですね。

    いい思い出が出来たかな?

    山は危険と感動が紙一重
    気を付けて。

    1. 森くまさんこんにちは
      天気予報では良くない予報でしたが、室堂周辺は良い天気に恵まれ立山の風景を満喫できました。
      たしかに山は危険と隣り合わせですね、8/11にすぐ近くの剱岳にて滑落事故があり丁度訪れた12日に遺体が回収されたなんて話を他の登山者がしていました。
      それにしてもすごい人でした。若い人も多い。登山ブームはまだまだ健在でした。

  2. 奇遇ですね、私は10日に室堂~劔大雪渓~真砂沢ロッジ11日に池の平山・小屋、12日は池の平小屋~黒部ダムを歩いてきました。雨の中ハシゴ谷乗越を歩いている頃ゴロウさんたちは雷鳥平にいたんですね。立山は雄大で劔岳は険しいが胸が高鳴りますね。
    池の平小屋では滑落事故を通報した方が詳細を話していました。

    1. てくてくねこ さんコンニチハ
      いや~またまたニアミスでしたね、冬の飯縄山に続いて黒部でも近い日にいっていましたね。立山での登山は初めてだったのですが素晴らしいところでした。剱御前からではありますが剱岳の雄姿は圧巻ですね。。高所恐怖症の私にはカニノヨコバイ、タテバイ、、、ネットで見ただけですくみ上ってしまいます。今回は龍王岳の山頂に登ってみましたが初心者の登山にはいい具合の高度感で子供と一緒にいくには程よいスリルでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です