若穂ジビエツアー開催しました

今日の若穂は雨ですが久々に日中30℃以下となりました。
さて7/22、23の1泊2日の【若穂ジビエツアー】が開催されました。

参加者は東京、埼玉そして地元の長野市からもご参加いただき若穂のジビエと名所?を堪能していただきました。

大まかな工程はこんな感じ
1日目:長野駅集合→若穂支所→サルスベリの丘(散策・乗馬・地元の方々とコーヒーのんでおしゃべり・お昼ご飯はジビエ弁当)→清水寺(住職のお話・梵字)→ねこぽぽテラス(人生の星読み占い・夕ご飯はジビエピザほかパスタなど)→農家民泊

2日目:若穂綿内でワッサー収穫体験→若穂保科の野生鳥獣食肉加工施設見学→長野市街しまんりょ小路「酒然みちのか」にてお昼ごはん→解散

お昼のジビエ弁当
お昼のジビエ弁当

あいにく二日目は雨となりましたが予定通りの工程で進めることが出来ました。

今回のツアーで重要だったのは無料の招待ではなく旅行としてお金を払ってきていただいたということ。そして宿泊先がいま若穂で進めている農家民泊であること。

若穂の魅力ある場所をどのように見せるかも課題ですが、やはり今後は民泊先をどれだけ作るかが重要だと感じたツアーでした。

今回は夏のツアーということで秋のツアーも企画予定なので興味がある方は、若穂支所もしくはこのホームページでもいいし、【若穂のジビエ】ホームページからもお問合せください。

清水寺にてご住職から興味深いお話をたくさん聞くことが出来ました。
清水寺にてご住職から興味深いお話をたくさん聞くことが出来ました。
【酒然みちのか】にて二日目のお昼ごはん。信州の食材尽くしメニュー
【酒然みちのか】にて二日目のお昼ごはん。信州の食材尽くしメニュー

さて地域おこし協力隊の業務として一つの大きなイベントが無事に終わりほっとしています。さて次の週末7/29は【若穂ふれあい踊り】が開催されます。

なんでも長野びんずる祭りと同じような踊りをするとのことで、なんと私も踊りに参加することになりました。若穂支所の連に入ることになりました。

生まれてこのかたこの歳まで実は祭りというものに参加したことが無くて、神輿も担いだことがありません。

初の神輿、そして初の祭りでの踊りが【びんづる】とは人生面白いものです。神輿もびんずるも腰に来そうだな・・・・・・

熱中症で倒れないようにがんばりますです。

こんな感じの踊りらしいのですが・・・できるかな心配

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です