菅平牧場でワラビ採ってきたよ

今日も若穂はいい天気。
若穂でのワラビシーズンは一か月以上前に終わった感じですが、高原菅平は6月がワラビのシーズンとのこと。

ネットでの情報をいろいろ調べると例年は6月中旬がワラビの最盛期のようですが、今年は雪が多くたぶん今頃がベストかな?と思って6/23に休暇をとって菅平に行ってきました。場所は菅平牧場。ここの牧場私有地でワラビが採れます。

登山、牧場内散策、そして山菜取り名目で入場料200円必要ですが、土地管理者の事も心配せず確実にワラビが生えているとなれば200円は安いものです。

こっち見んな・・・って感じです
何やっているんだあいつ・・・と思われているのでしょうか

若穂から菅平までは若穂のメインストリート県道34号をバイクで走る事15分で菅平入り。上田市菅平に入ってさらに10分ほど走ると菅平牧場到着。

 

入口の料金所のおじさんにワラビのポイントを聞くと親切に教えてくれました。
菅平牧場のワラビは基本シバワラビという普通のワラビよりも細くて背の低いワラビですが、つつじの木の下とか日陰になるところを探すとかなり太くて立派なワラビが生えていました。

こんな感じでワラビが生えている
こんな感じでワラビが生えている
すごいところだと手の届く範囲に10本以上。
すごいところだと手の届く範囲に10本以上。

それにしても有る所にはあるもんだワラビ。群生していて丁度食べごろが生えている場所に行き当たると一回しゃがみこんで自分の全周囲360度手の届く範囲を採っていくと10本くらいは採れる。

若穂ではその日の晩御飯に食べるくらいのワラビを採るポイントはあるけど、抱えるほど、塩漬けするほどのワラビポイントは見つけてません。

山菜シーズンに一回くらいは来てもいいかもしれません菅平牧場。
さて夢中になってワラビを採ること4時間。
登山と違って時間がたつほどにリュックは重くなり、最後は疲労とリュックの重さと暑さでヘロヘロになりながら下山です。

数日中に食べるものとお裾分け分をあく抜きして後はすべて塩漬けです。
これで今年の夏、秋、冬をワラビを食べることが出来ます。でも今日くらいの量だと冬までは持たんだろうな・・・・娘がワラビ好きで作ると瞬く間に食べるので

次回は娘も山菜取り要員として出動してもらいます。

これは日陰で獲れた太くて長い方のワラビ。ぜったい旨いぞこれ
これは日陰で獲れた太くて長い方のワラビ。ぜったい旨いぞこれ

 

今回の成果。まずは塩漬けするほどのワラビ採りミッションコンプリートです。
今回の成果。まずは塩漬けするほどのワラビ採りミッションコンプリートです。

 

塩漬けワラビ来年の春まで持つかな?
塩漬けワラビ来年の春まで持つかな?

さて大雨もあり借りていた畑をしばらく手入れしてなかったのですが、この時期の1週間はものすごいスピードで野菜が育ちます。そして雑草もね。

ほったらかしだったキュウリをみるとお化けみたいなキュウリが出来てました。これからキュウリはすごい勢いで収穫できそう。期待大です。

今年初めて収穫したキュウリがコレ
今年初めて収穫したキュウリがコレ
ウリ?いいえキュウリです。
ウリ?いいえキュウリです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です