田舎暮らしの楽しみ山菜3(タラノメ)

今日も若穂はいい天気。
ニュースで5/7が立夏で暦の上では夏です~なんて言ってましたが、
まだまだ朝は寒いです、関東から引越して来た私が軟弱だからとも思っていましたが職場の人も同じく朝は寒くてストーブつけているとの事で一応わたしも普通なんだとちょっと安心しました。とにかく日中は暑いくらいなのですが朝夕は涼しいというか寒い。すごいぞ内陸性気候。夏が楽しみだ。

僕が引越して来たのが12月上旬でこの時期はバリバリに寒くストーブはMAXパワーだったことを考えると約半年はストーブを点けていることになる。。これはまずいぞ光熱費が大変なことになってしまう~とは思っているのだがどうしたもんか・・・・

さて今回も山菜シリーズの第三弾。とうとう王様がやってきました【タラノメ】です。

朝寒いのでストーブつけると吾朗が離れません。
朝寒いのでストーブつけると吾朗が離れません。

登山でもタラノメの木はよく見ますが、そうは言ってもタラノメはひょろっと伸びた一本の木のてっぺんにそれこそ一個だけちょこんと生えているので、木を3本4本見つけたところで採るのを躊躇していました。

なんかこれで採ったらこの木は一年間坊主のまんまなのかな~とか採らなければもっと増えるのかな~と思っていたからです。

そんなことでタラノメの入手は諦めていたのですが、ある方から【すごいところがあるから教えてあげる】と連れてってもらいました。

某日某所・・・・・なるほどここは普通の人は来られないマル秘ポイント・・・・僕は教えてもらったけどこれは娘にも教えられない。マツタケの生える場所の事をよくいいますが気分はそんな感じ。

あるところにはあるもんだと思うほどタラノメがたくさん。時期的に早かったので採れたのは10本に1本くらいでしたがそれでも家族で食べる分は十分収穫できました。

山で採れた天然ものタラノメ
山で採れた天然ものタラノメ

さっそく帰って定番の天ぷらにしてみました。

「うめえ~お世辞抜きにまさしく山菜の王様だ!」

アクはほとんど感じられずホクホクと栗のように、ほのかな甘さまで感じます。
こりゃーうまいわーと作った天ぷらはあっという間に食べてしまいました。

芽を通り越して葉になったのはおひたし (うま~)
芽を通り越して葉になったのはおひたし (うま~)

さてさてコゴミ、タラノメときまして・・・あれワラビ記事にするの忘れてた。
順番としてはフキノトウ、コゴミ、ワラビ、タラノメだったのですがすみません。

なので次はワラビ編です。でその次はコシアブラ編、ゼンマイ編と続くのです。
若穂に暮らして初めての春ですが山菜経験値かなり高くなってきました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です