修験者の修行道で奇妙山に登ってきた

今日も若穂はいい天気。大型連休最終日となってしまいました。
明日から仕事スタートですが連休中は遠出こそしませんでしたが
地元でいろいろな体験をしてきました。そんな中の一つが奇妙山の登山です。

若穂と松代を隔てる山が奇妙山です。まあなんとも奇妙なネーミングです。なんで奇妙?今度調べてみよう。
この若穂の里山である奇妙山。松代からは登山道が整備されているのですが若穂からの登山道は現在進行で整備中です。

スタートの赤野田神社
スタートの赤野田神社 桜がまだ咲いていました。

若穂の赤野田という地区の有志がこの奇妙山への登山道整備をする活動をしており、今回は【修験者が歩いた修験道で奇妙山に登る】というような企画に参加させていただきました。

スタートは赤野田神社。ここに車を置いて登山開始。しばらくは林道をショートカットしながら林道を詰めていくと登山道の入り口があります。

ここから頂上まではかなり細い登山道というか踏み跡を登っていく感じです。

こんな感じの難所を通ります
こんな感じの難所を通ります

募集要項には【小さい子供は危険・健脚者向き】とあったのですが、まさにその通り登山道というかかろうじて踏み跡がある道を、まさに修験者が修行で歩きそうな岩山、痩尾根を歩くかなりスリリングな登山でした。

ここが今回の一番の難所。痩せ尾根の上だから尚の事こわい
ここが今回の一番の難所。痩せ尾根の上だから尚の事こわい

途中には観音様、母子抱き岩、など見どころたくさんでしたが高所恐怖症の私としてはカメラで写真を撮る余裕はない状況でした。

参加者のみなさんは【すごい絶景だ~】とか【なかなか面白いルートだ~】とかなり余裕な方々が多かったですが私は登山は好きですが高いところが正直苦手なのでスリリングというより怖い・・・・

頂上手前の稜線は歩きやすくていい感じ
頂上手前の稜線は歩きやすくていい感じ

このルートはバリエーションルートに近く、登山中級者以上が歩けるルートです。
地図読みができないとまず迷いますので、ぜひ地元の方に案内をお願いするとか地図とコンパス、もしくはGPSが使える人が歩けるルートとお考えください。

踏み跡だけでは登れませんのでご注意ください。

【若穂周辺の登った山】
・若穂太郎山
・飯縄山
・保基谷岳
・奇妙山

とまあこんな感じです。まだまだ若穂の里山はあるので急がずに登って行こうとおもいます。

ヤマレコもやってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です