若穂の最高峰 保基谷岳に登ってきた

今日も若穂はいい天気。
若穂の裏山として若穂太郎山がありますが、若穂の最高峰はこの保基谷岳、標高1529.1mです。昨年12月に長野市民であり若穂住人となったワタクシですので是非とも登っておかねばと思い行ってきました。


標高1529.1mといいながらも若穂から菅平に抜ける県道が4/21に開通(冬季閉鎖解除)したので、自宅を出発して県道をどんどん登って行って15分くらいで菅平に到着。

冬季にこの封鎖された県道を登っていくと菅平に着くとは知っていましたが、今回県道を登ってみて菅平に着くとそこには【上田市】の案内が出ていました。

ああ菅平って上田市なのね。あまり土地勘が無いので知りませんでした。菅平に入ってすぐに右手の林道に入り登山道入り口を目指します。

GPSを見ながら登山道入り口まで2~300m位手前ででっかい木が倒れてました。そこからは車はすすめません。

登山道入り口まで結構距離もあり、倒木のすぐ近くから作業道が頂上に向かっていたのでここを登っていきます。携帯アプリ【ヤマレコマップ】で自分の位置関係とこの先の地形を見るとかなり緩やかな斜度なのでバリルートでも行けると判断しました。

こんな感じのところを登っていきます
こんな感じのところを登っていきます
斜度はこんなくらいなのでアイゼンなしで登っていけます。
斜度はこんなくらいなのでアイゼンなしで登っていけます。
突然失礼します。カモシカのフン発見
突然失礼します。カモシカのフン発見

頂上は正直あまり展望もなく笹藪の地味な山ですが雪の残る明るい斜面は登っていて気持ちの良い山でした。逆に夏は笹藪で大変そうな山です。

作業道を登り途中からはバリエーションルートです。
斜面も緩やかで雪も適度に残っていたので笹薮を歩くよりも雪の上を歩いたほうが早く安全な感じでした。

たぶんここが頂上の開けたところ。頂上標なし。
たぶんここが頂上の開けたところ。頂上標なし。

それにしてもアプリ【ヤマレコマップ】は登山系アプリでも秀逸のアプリです。国土地理院地形図がダウンロードできてしかもGPSで所在地方角まで解る。しかも使い方が簡単です。

 

GPSで頂上広場から100mほど藪の中に三角点発見。地味~
GPSで頂上広場から100mほど藪の中に三角点発見。地味~

今回もこれを見ながらバリルートでぴったし頂上にアクセスできました。菅平はまだまだ春はこれから。山菜取りに来ていた方もいましたがフキノトウすらまだ出ていない状況でした。

さて来週の週末はこれまた若穂の裏山【奇妙山】という山に登る予定です。
若穂の赤野田という地区主催の登山で、地区の皆様と顔合わせするいい機会だと思っています。今回はお散歩のような登山でしたが奇妙山は少しハードになるかな。

次回【ワラビ編】かな・・・・ワラビ意外にあっさりと取れました。

 ヤマレコもやってるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です