イノシシと根菜の煮物作ったよ(50人前)

今日も若穂はいい天気。4月は新年度ということもあり地元地区の総会がありました。私の住む地域は若穂でも戸数が多い地区でたしか240世帯って言ったかな、、?
なので総会も100人近い人が集まりました。

その総会に「是非ジビエ料理を一品作ってほしい」との依頼がありましたので、そこはジビエを地元の方々へ知っていただくいい機会だということで快くお引き受けしました。

でもその時は参加者の事などあまり考えていなかったのですが、懇親会の参加予定は50名とのことで、引き受けてから人数を聞いてちょっとびっくり。そんな人数分作ったことないし・・・肉中心の料理で行くと全体の予算が高くなってしまうので、イノシシ肉が入った根菜の煮物を作りました。
これなら大根、牛蒡、ニンジンとお手頃価格で手に入る食材で全体のかさも増します。
前日の朝から調理開始です。作るお鍋は公民館であった炊き出し用の大鍋。

50人分の食材がこちら
50人分の食材がこちら、デカ鍋二つで調理開始

 

まずはひたすら大根を切る
まずはひたすら大根を切る・・切る切る

まずは大根の大サイズ4本、ニンジン10本、牛蒡5本をひたすら切る・・・・気分はまるで給食のおばさん。

鍋に材料投入
鍋に材料投入。鍋がでかすぎてコンロからはみ出している

野菜をひたすら切って、皮をむいて、肉を入れて、あとは煮るだけだけどなんか料理をしているというより、作業をしている感じ。味付けもギャーっていうくらいの味噌と酒、砂糖を投入。一応事前に試作を作って、試作を50人分に増やしただけですが味付け失敗したらどうしよう・・・・とかなり不安ながら作業じゃなくて料理を進めます。

完成
完成!うん試作と同じように出来上がりました。

総会あとの懇親会には予定より10名少なく40名ほどが参加して、煮物はかなり好評のようでした。
予定数よりも参加者が少なかったこともあり完食とはなりませんでしたが、残った煮物は皆さんに持ち帰っていただき無事にミッション終了です。

若穂の地域おこし協力隊員として着任して3ヶ月半が経過して、かなりジビエ料理のレパートリーは増えてきましたが、今後はイベントの試食などで料理を大量に作る機会も増えてきそうです。
4月下旬のイベントで200人分の猪チャーシューの試食を作るなんて予定も入っていますので、これから本番前の試食の試食を作ってみる予定です。イノシシ肉のチャーシューなんて絶対旨いでしょ。間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です