ふき味噌にハマる

今日も若穂はいい天気。こちらに移住してきて楽しみにしていたのが山菜です。
神奈川県で山菜取りが出来ないわけではありませんが生えている場所を探すには経験者の同行が不可欠だし、なにより素人の初心者が行って採れるようなところは他の人も獲っているだろうし、何よりも2時間、3時間かけて山菜が採れる現地に行くというのも面倒くさい。

やっぱり地元の山で採れたらどんなに楽しいかな~とは思っていましたが、けっこうあっさりと山菜第一号と巡り合えました。フキノトウです。フキノトウは山菜というのかは?ですがまあ山の幸としてめでたく収穫できました。

保科の高岡という地区(保科でもかなり上の方)に野生鳥獣食肉加工施設があり、加工施設周辺からは林道があっちこっちに伸びています。

先日林道を車でパトロールしていると、イノシシが盛大に地面を掘り繰り返しているところがあり、そのおかげでお日様がよく当たるようになったからでしょうか、フキノトウがあっちにもこっちにも芽吹いていました。

山菜取りやったことない僕でもフキノトウは見てすぐわかるので採ってきました。
さて採ってきたはいいけどどうやって食べるか?知っているのは天ぷらですが天ぷらだと2~3個食べれば十分だし・・・ふきのとう+レシピで検索すると

ふき味噌

の検索結果がでてきました。

ふきのとう
獲ってきた若穂のフキノトウ

私今までふき味噌というものを食べたことが無く、てっきりふき味噌ふききゃらぶきのふきかと思っていましたが、フキノトウで作るものだったと初めて知りました。

クックパットのレシピを参考に、
①フキノトウを水で洗って30分ほど水につける(あく抜き)
②塩を入れた湯で30秒ほど煮る
③フキノトウをみじん切り
④味噌と砂糖、酒を合わせて水分を飛ばしてフキノトウをあえる
完成

ふき味噌完成 若穂
ふき味噌完成 あんまりきれいな写真でなくてすみません

といたって簡単に出来上がり。材料から考えてもかなり日持ちもしそう。
そして出来上がったふき味噌食べてみました。

旨い!! 

いや~このハーブにも匹敵するほどの強い香りと味噌が絶妙に合っています。
こんな簡単においしく出来上がるとは思いもしませんでした。

かなり大人の味なので、次女に試食させたら【べえええ~~】って吐き出していましたが、これは旨い。他人様にもさしあげることができる旨さだと確信です。

山菜第一号のフキノトウですがまさに春の味です。長野にきて良かったな~と非常に単純なことではありますが感じてしまいました。

チキンラーメンに投入
チキンラーメンに投入

コゴミ、ワラビとか山菜の本命はもうちょっと先との事です。これらは見分ける??ことができるか自信が無いので地元の方に同行して教えてもらう予定です。塩漬けして長期保存とかにもチャレンジです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です