バイクでツーリング(林道-高岡山新田線)

今日も若穂はいい天気。午前中は引越し荷物の片づけを行い午後からバイクでツーリングに行ってきました。
僕が住んでいる若穂保科という地区から山を抜けて同じ若穂の山新田という地区に抜ける林道です。
山の上のほうは最近いつも白く雪を被るようになったので、あと数週間すると雪も積もりバイクでの走行は難しくなりそうです。
若穂保科の自宅を出て県道をひたすら登っていきます、そして高岡という地区に入ると一気に里山の雰囲気が強くなります。
若穂という地区は市街寄りの若穂綿内などは長野市街のベットタウンの様相ですが、
若穂保科地区に入り5分もバイクで山を登っていくと完全な里山というか中山間地域になります。

国土地理院地形図引用:ルートはこんな感じで、南が高岡、北が山新田

高岡から林道に入ろうと思ったら、猿の群れに遭遇。
猿の農作物への被害が大きいと聞いていましたが、ざっとみたところ20~30はいました。
距離にして20mくらいですが猿は逃げるわけでもなく、木に残っているカキやリンゴをべてます。(切り株の上でリンゴかじっている。いいもん食ってるなこいつら)

林道を登っていくと、いかにも里山らしい風景が見えてきます。

林道は舗装されているので、雪さえ積もっていなければバイクで問題なし。
高岡から入り、途中うっすらと雪も積もっていったのでのんびり走り30分ほどで山新田に出てきました。画面中央の住宅街も若穂です。千曲川の向こうに長野市街、Mウェーブが見えます。

山新田は一面のリンゴ畑が広がっています。聞いた話によるとリンゴの一千万プレーヤー農家さんが多くいる地区とのこと。たしかにすごい立派な家があちらこちらに。
この時期リンゴはすでに収穫されて、放置されたカキが残っているくらいですが絵になる。

こっちは寒さと雪という環境からバイクに乗る人はかなり少数派ですが、気持よい道がたくさんあります。おまけに車も少ないので走っていて本当に気持ちがいい。
マイナス5℃でのバイクは相当な防寒対策必要ですが、その寒さを差し引いても楽しい道でした。周辺の道にも慣れてきてかっ飛ばして快適に帰宅途中に警察官が取締りしていました。スピード違反でなくシートベルトだと思いますが、車が少ないといえ飛ばしすぎには気をつけないといけないですね。(^ω^)

こちらに来てバイクの走行距離進みがとても速い。買い物行くにも時間にしては10~15分で着くのですが渋滞ないし、一般道でもみなさん流れが速いですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です