初めての銃砲店に行ってきたよ

今週の土曜日はいよいよ狩猟免許試験前の講習会も予定されており、狩猟免許、猟銃の所持にむけて具体的な動きがでてきます。
狩猟免許については事前の講習会である程度出題範囲も絞れるようで、合格率も全国的に悪くないようですが銃の所持(警察・公安)についてはそうでもないようです。
特に銃の所持に関する講習の試験については、平成27年より出題数と回答方式が大幅に変わりました。簡単になったと思いきや実情は逆らしいです。以前は20問の4択式、14問以上の正答で合格という方式でしたが、今は50問の○×選択式、45問以上の正答で合格に変わりました。
変更理由としてハンターの減少に危機感をもったのか、合格率をあげるために変更したようなのですが実情はその逆で合格率は全国的にみると下がっているという情報が数多くネット上で書かれています。

その真意は不明ですが、あるネット記事では受講者の半分も受からなかったという記事もあるし、警察の担当者からも難しくなったから・・・という話があったかと思えば、おおよそ合格率90%という話も聞きます。

でも職場の狩猟関係に詳しい方からも免許は簡単だが銃の方は結構落ちるよと言われまして、いまさらながら対応策を考えました。

オレンジの冊子が銃砲店で手に入れた問題集
オレンジの冊子が銃砲店で手に入れた問題集

警察でもらったテキストはあくまでも教科書で問題集ではありません。つまり要点だけを勉強するのが難しい。そこで問題集を探したのですが猟銃の問題集など本屋で売っているもんでもないので調べると銃砲店で手に入れることができるということで市街の銃砲店に行ってきました。

西澤銃砲火薬店
長野市上千歳町1336番地
026-235-1213

まずは銃砲店さんで目的の問題集を手に入れてきました。これで勉強さえすれば試験対策ばっちりのはずです。
銃砲店の店主さんからは初心者にお勧めの銃の様式から、装弾の説明をいろいろお話していただき、それ以外にも長野市における若穂以外の猟友会についてのお話などかなり有意義なお話を聞くことができました。

また将来の顧客でもあるのでBERETTAやWINCHESTERなどなど銃のカタログなどもいただきました。物欲魂がふつふつと沸いてくるのを感じてしまいます。。。いかんぞ

かっこいい銃がたくさん載ってる。
かっこいい銃がたくさん載ってる。

カタログには空気銃、散弾銃、ライフルが載っていますが、空気銃はかっこいいのがたくさんあります。散弾銃もアメリカ映画で保安官がぶっ放すような散弾銃がのっています。まあ実際に最初に買うのは中古のクラシックな形の猟銃でしょうが、かっこいい銃というのはやっぱり男子ですのであこがれてしまいます。いかん~!!!物欲が!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です