イノシカ料理教室(シカレバニラ炒め)

僕は子供の頃から何かを採る捕まえるというのが好きで、小学生は田んぼでザリガニ採りとか虫取りとか小川で小魚やエビを採ったりというのが好きでした。その影響でしょうか何かと採るというのは大人になったいまでも好きです。それが現在のジビエ・狩猟・有害鳥獣などに通じているのではと思う今日この頃です。
そういえば昔、田んぼでザリガニを採りに行ったときに穴場を見つけてバケツ二杯分のザリガニ100匹以上を捕まえた記憶がありますそしてその後は・・・・・子供って残酷ですね今考えると。

さて今日のイノシカ料理教室は鹿レバニラ炒めです。レバニラ??ニラレバ??どっち?結果から先に言うと鹿レバニラ炒め最高に旨かったです。豚のレバーよりもよっぽど旨かった。これは今後の定番メニューとして殿堂入りしていいメニューです。

鹿レバニラ炒めのレシピ

材料:鹿レバー、ニラ、シメジ、(あればもやし)今回はもやしが無いのでシメジ投入
味付けたれ:(醤油1、みりん1、酒1、砂糖大さじ1、にんにくすりおろし、生姜すりおろし)そのほか:塩コショウ、片栗粉、油

カブトガニではないよ。鹿レバーこれで半分
カブトガニではないよ。鹿レバーこれで半分。今回はこの5分の1を使う。
たれに肉を漬ける
たれに漬ける。にんにく生姜のすりおろしは面倒くさいのでチューブ使ってます。
鹿レバニラ炒め完成。うまい!
鹿レバニラ炒め完成。うまい!

①鹿レバーは水につけて血抜きする。切った後も水で洗ってできるだけ血を出す
②味付けたれにレバーを15分くらいつける。たぶん1~2時間くらいがいいかもしれないが待てない場合は15分でOK③レバーをタレから出して片栗粉をまぶす。(今回は片栗粉が切れてたので小麦粉で代用)
④フライパン多めの油でレバーを焼き表面が焼けたらニラ、シメジ、もやしを入れる
⑤野菜に火が通ったら味付けタレを投入して、最後に塩コショウを少々
完成です。

いや~このレバニラは旨かった。豚よりも癖がなく血の匂いがしない。レバーは正直血の味というか鉄くさい感じがするので、あまり好きでなかったのですがシカは臭みもなく最高でした。これは鹿を解体後一晩水につけた肉を持ち帰ったから良かったのかもしれません。
鹿のレバーはとてもでかくて大きなカブトガニサイズだったので半分だけ持ち帰ったのですが、次からは全部持ち帰ってもいいかもしれません。鹿レバーは販売用にはしていないのですがこのおいしさは有効活用しなくてはと思います。

あと4回はレバニラ作れる肉があるので、スーパー行ってニラともやしを買ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です