イノシカ料理教室(猪のスネ肉とネギにんにく焼き)

今日も若穂はいい天気です。毎日テレビでは長野市は雪が降る降ると言っておりますので毎日早寝して、いつもよりも30分早く起きて雪かきに備えているのにいっこうに降る気配が無い若穂です。なので貴重な朝の30分を二度寝している今日この頃です。

さて若穂保科の高岡地区にあるジビエ食肉加工施設にて研修を受けてます。研修の内容はまた明日以降に書かせてもらいます。今日はジビエ料理の紹介です。

ジビエ料理と言いましても僕は板さんでもコックでもない普通のおじさんですので
【イノシカ料理教室】のモットー
・普通のおじさんでも作れる簡単レシピ中心でいきます
・肉以外の素材は買いやすいシンプルなもの
・下ごしらえなどあまり手間のかからないもの
・普段のご飯に食べられそうなもの
・おいしい保証はないよ。好みもあるからね
です。ちなみに素材となる肉はイノシシとシカで、使う部位は基本商品にしない(破棄)してしまうような小さな肉、状態のあまりよろしくない(血が回っている)肉、内臓系をいただいて料理します。

若穂ジビエ 猪のスネ肉
まずは肉をスライスしてネギを刻む 若穂の猪肉です
若穂ジビエ 猪のスネ肉
油多めで焼く  いい匂いになってきた。
若穂ジビエ 猪のスネ肉
若穂ジビエ 猪のスネ肉とネギにんにく焼き 完成です。ごま油がいい感じです。

猪のスネ肉とネギにんにく焼き
材料:猪のすね肉、ネギ、塩コショウ、油、にんにく、ごま油
①すね肉スライスする
②スライスした肉に塩コショウを多めにふる
③フライパンに油(サラダ油)をひき肉を焼く
④肉に火が通ったらネギ投入
⑤ネギに火を通したら火を消してごま油少々
できあがり。

自分で調理した初めての猪肉です。味の印象ですが肉がうまい豚とは明かに違う。
牛でもない豚でもない、もちろん鳥でもない。これが猪の味か~といった感じ。
肉の味が濃い味がある。肉質は地鶏のような若干固めの印象だが食べにく程ではない。出来立てもおいしかったのですが翌日の弁当のおかずに入れたところ翌日でもおいしくいただけました。うん最初の料理としては悪くない。なかなか幸先の良いスタートでした。
さて本日の段階で加工所に通うこと3日目。毎日使えないお肉が出るので師匠からも、この肉もってけと言われましてスネ肉以外の内臓系もいただきました。ハツやらレバーなどです。そのレポートはまた今度。
さて明日こそ雪が積もっているのでしょうか。

シカのハツ(心臓)です。スライス前はちょっとグロイので今日はここまで
こんなんいただきました。
シカのハツ(心臓)です。スライス前はちょっとグロイので今日はここまで。内臓系は基本すべて売らずに捨てるか差し上げるかだそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です