長野の冬を舐めるなよ(その3)

今日も若穂はいい天気。1月に入り気温は確実に低くなってきています。
今朝玄関の温度計を見るとマイナス5℃でした。この冬はどのくらいまで最低気温いくでしょうか?

若穂での生活も一か月を過ぎ、寒さに対する対処法についていろいろ知恵がついてきました。先日職場で教えていただいた寒さ対策アイテムがすごい!
こりゃすごいアイデアだ!!安い!すごく暖かい!というアイテムを導入しました。

すごいアイテムはこれです

部屋を暖かくする方法はいろいろありますが、大きな石油ストーブを炊き続けていたら灯油代で家計が破たんします。やはり少ない灯油、ガス、電気でいかに暖を取るか自分でもいろいろ考えて窓にプチプチを張ったり、サッシにプチプチをかませて窓を閉めて隙間風を減らしたりとやってきましたが、この発想はありませんでしたさすが寒い地域の知恵ですね。はいこれがその商品「省エネ温風パイプ だんらん」

省エネ温風パイプ
省エネ温風パイプなるものがこれだ!!構造はシンプル

やはり暖を取ることに関して熱効率と燃料のコストパフォーマンスを考えると石油ファンヒーターが最強です。こたつもコストパフォーマンスの良い暖房ですがいくらこたつが暖かくても部屋が10℃以下は正直寒いです。そこで石油ファンヒーターを動かして部屋を適度に温めつつ、こたつに温風を送りこたつ内部を温めてしまう。すごい!。すごすぎる!!。まさにアイデア商品の鏡みたいな商品です。

 

この商品は職場で教えていただきまして、さっそく買って使ってみました。

炬燵と石油ファンヒーターをこんな感じでつなぐ
炬燵と石油ファンヒーターをこんな感じでつなぐ

いや~ほんとに暖かい。最初は炬燵につないでみましたが炬燵よりもテーブルでパソコンいじっている時間も多いのでテーブルに布を取り付けて即席テーブル式こたつの出来上がり。こりゃいいわ~なんか足湯に使っているみたいに足がポカポカです。

熱源はファンヒーターから出た先の温風を拾っているのでダクト先から出てくる空気はホンワカあったかい程度なので布などが燃えるような危険もなく安心です。
久々のヒット商品だと思います。こちら長野でどれだけメジャーな商品であるかは知りませんが、まず関東の人は知らないと思います。

このダクト1mくらいから2.7mまで伸びるのでいろいろな使い方ができそうです。
いろいろ応用編を考えて寒い冬に備えたいですね。

うちの猫はなぜか炬燵に入らない
なぜか炬燵に入らない男(猫)、名前は「吾朗」

今週は久々の仕事と子供たちがいて忙しかったので、週末はお掃除、洗濯、整理整頓と買い出しです。天気が良ければ近所の山にも行こうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です