若穂地域おこし協力隊出動!

今日も若穂はいい天気です。1/5夜に降った雪も午後にはすっかりと溶けてしまいました。会う人みんな去年も雪が少なかったけど、今年はさらに異常なほど少ないと聞きます。明日には年末年始を長野で過ごした子供たちが神奈川に帰るのですが、【お父さん長野なのに全然雪ないじゃん!!つまらない!!】と怒られる始末です。(不謹慎な発言をお許しください・・)

さていよいよ1/4より仕事始めとなり長野市若穂(保科)地区の地域おこし協力隊員としのて業務が始まりました。とはいってもやっぱりそこは身分が長野市職員(特別職)の一員となるわけですから研修からスタートです。

最初の会社は出社2日で現場監督

僕の転職経験は今回で2回目です。長野市はつまり3つ目の就職先となります。
最初は工業用プラント関連(発電所、石油プラント、化学プラント、水道施設)などに使用される機器のメーカーに新入社員として入りました。ここでは配属前の新入社員研修はありましたが、配属二日目にして発電所の現場に行って来いと言われたのを今でも覚えています。その日に入っていた監督がトラブルにより急きょほかの現場に入らなくてはならず、僕が行かされた現場はあと半日で終わるから、見ているだけでいいといわれたのです。

学校を卒業して図面はある程度読めましたが、現場のゲの字も知らない新入社員のペーペーを臨時の監督ということで出した無茶苦茶な部署で、一応作業着着て安全帯つけて発電所の現場に行きました。

行ってみて案の定【みているだけ】では全然なく、細々とした質問やトラブルが出てきてしまったのですが、当然新入社員の私が解るわけがありません。
そこは現場の職人さんも気が付いてくれて「じゃあ兄ちゃん、指示はいいからここの取り付けちょっと手伝ってくれ」となり、わが社の製品を取り付けるお手伝いすることとなりました。その時に「兄ちゃんそこのモンキーとってくれや」といわれまして・・・・

僕 「モンキー???え? 猿・・・・?」

と今となっては恥ずかしいお話ですが、モンキースパナが解らず職人さんにさらに呆れられた苦い経験を持つ強烈なスタートとなった会社でした。

ちなみにこれがモンキースパナ
ちなみにこれがモンキースパナ

さすが長野市!研修はしっかりと

1/4の仕事始めからまずは若穂の支所ではなく、本庁にて辞令をいただきましていよいよスタートです。あと偶然にも仕事はじめの日ということで研修中の私たちのフロアに
加藤久雄 長野市長がご挨拶に来られて生でご挨拶を聞く機会に恵まれました。
地域おこし協力隊は自治体によって扱いは異なりますが、ここ長野市に関しては長野市の特別職として採用されるわけですから。任命も長野市長になるわけで、いわゆる私の所属する組織のボスですから一目でもお会いできたのは貴重な機会でした。

まずはしっかりと顔とお名前を忘れないようにしなくてはいけませんね。自分の組織のボスにお会いして「誰だっけ?」じゃ済まされませんのでね。

前の会社でいたんですよ。。中途で採用が決まったばかりのちょっと抜けた社員がたまたま本社に行ったときのこと。

エレベーターの中で自分の会社の社長とお会いした時につい会社の同僚かとでも思ったのでしょう「あれ?以前お会いしたことありますよね?」と社長に言い放った猛者がおりましてさすがの社長も唖然として彼が去ったあとに「おい・・あいつ大丈夫か?」と相談されたことが過去にあります。その後のその社員のことはご想像におまかせします・・・ちなみにその社員の面接は社長と私で面接して採用したので私もすごい気まずかった・・・

さてそこは民間とは異なる長野市です。さすがです。期間限定の特別職とはいえ研修はしっかりやりました。まずは公務員の心得、交通安全、長野市の沿革、個人情報取り扱い、情報セキュリティーなどなどまずはみっちり3日間の研修がひとまず終わったところです。

来週からはいよいよ現場に出る機会も出てきそうですが、まずは怪我をしないように、ご迷惑をかけないように焦らずにスタートです。

さて明日から3連休です。何をしようかな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です