若穂銘菓 あんばたどら焼き(峯村清月堂)

12月のブログで若穂の銘菓あんばたどら焼きのこと書きました。 東洋堂製菓舗と峯村清月堂(みねむらせいげつどう)という龍虎が若穂銘菓でしのぎを削っているとの情報によりまずは東洋堂製菓舗のあんばたを購入したのですが、今回は峯村清月堂さんのあんばたどら焼きを買ってきました。

峯村清月堂
住所:長野県長野市若穂綿内8492
若穂綿内地区の国道403号線沿いにあります。以前紹介した東洋堂製菓舗さんと200mも離れていませんので、遠方からお越しの際は2店を食べ比べるのもいいですね。

峯村清月堂あんばたどら焼き
これが峯村清月堂あんばたどら焼きだ!

さて今回購入したのは峯村清月堂さんは普通のあんばたどら焼きよりもコーヒー入りのあんばたが有名なので、コーヒー入りのあんばたを購入しました。
中身のあんとバターは東洋堂さんと比べると控えめな感じでお上品な感じ。そして生地にはコーヒーが練りこんであるのでしょう。とってもコーヒーのいい香りがする。

前回はコーヒーと一緒にあんばたといただきましたが、今回はコーヒー味なのであえて緑茶と一緒にいただきました。【ううう~ん おいしい~コーヒーとアンとバターの絶妙なバランスだ。】

東洋堂さんのしっとりとした生地と豪快なアンとバター
峯村清月堂さんのお上品なコーヒーな香りとアン・バターのハーモニー

どちらも甲乙つけがたい銘菓と呼べるにふさわしいおいしいお菓子でございました。
あんばたどら焼きお土産として、お客様が来た時のお菓子としてお出ししたい一品でした。僕が知っているあんばたのお店はこの2店だけですが他にもあるのでしょうか?地元の方にも聞いてみたいと思います。

 

さてお正月ということで我が家では恒例の鳥のもも肉巻きを作るのが恒例となっております。鳥のもも肉1枚に牛蒡、ニンジン、ゆで卵をまいて焼き色を付けてから、醤油、みりん、酒、生姜で煮ます。

これ私の数少ない得意料理でございまして、今年もうまくできましたのでついでにご紹介。

得意の一品 鳥もも肉巻き
得意の一品 鳥もも肉巻き(焼く前は大きなイモムシに見えるとは言ってはいけない)
鳥のもも肉まき 卵巻き
こんな感じで出来上がり。卵巻きが子供たちには人気

こちらに引越してきまして時間の余裕が増えたせいもありますが、料理をする機会と時間が増えました。今後はジビエ料理のレパートリーなどもこのブログで紹介していきたいと思います。
イノシシ、シカいずれも有害鳥獣ではありますが、海外ではジビエと呼ばれる高級食材で、おいしいんです。難しいのは家畜でなく野生なのでお肉の味が個体の大きさ、取れた時期、捕獲後の処理の方法で大きく変わってくることです。料理が特別得意でもない僕でも気軽にできるようなジビエレシピを紹介できればと思っています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です