乗る前に猫バンバン

今日も若穂はいい天気。
つい先日ネットの記事でみつけた【猫バンバン】というイラスト。
フリーのイラスト紹介でこの猫バンバンというかわいいイラストを見つけた。それにしても猫バンバンというのは面白いネーミングだなと思った。最初このイラストを見たときは車のボンネットにでも日向ぼっこしている猫を下すためにボンネットをドライバーが叩いて猫を下しているイメージかとおもったのですが、これがどうも違うらしい。

事例としては昔からあった事例です。寒い時期に使用後の自動車のエンジンで暖を取るために野良猫、特に子猫がエンジンルームやタイヤの上などに入っている状態で車を発進させてしまい猫が怪我をしたり悪くすれば死んでしまったりする事故を予防するために、運転前にボンネットをバンバン叩いてから運転しよう。ということらしい

これ日産が【猫バンバンプロジェクト】なるキャンペーンを張っていて世の中に広まっているそうです。【猫バンバン・・・・】なんかネーミングが秀逸です。

のるまえに猫バンバン
のるまえに猫バンバンプロジェクトのアイコン

僕が神奈川県に住んでいた時、周囲には野良猫が結構いたのですが、あいにく車を持っていませんでしたので猫バンバンという言葉も作業も知りませんでしたが、こちら長野に来て車を運転することが多くなりますので【猫バンバン】の存在を知ってひとつ賢くなった気分です。

若穂の新居周辺には野良猫は今のところ見ていません、またご近所さんに聞いても最近は見ないけど数年前までは野良猫がいたとのこと。この若穂でもうまく冬を越して生きている野良猫がいたそうです。野良猫が出るような地区であれば寒い長野です猫バンバンの必要はたしかにあるかもしれませんね。

ちなみに日産の調査アンケートによれば208人中30人(14%)の人がボンネットの中、ボンネット上、タイヤ周辺などに猫がいたとのこと。結構いた律が高いですね。
今後車をよく使う生活に変わりますので猫だけでなく事故には気をつけなくてはなりませんね。

日産自動車 猫バンバンプロジェクト
http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

長女が電線に届きそうな伸び放題の松を剪定しています。
やほ~い!長女が電線に届きそうな伸び放題の松を剪定しています。

さて年末年始を長野で過ごすために家族がこちらに来ています。
長らく庭が放置されていたので笹がものすごい勢いで伸びて庭を埋め尽くしていました。これを総出で刈り取り、電柱の電線にまで届きそうな伸び放題の松を剪定してと年末らしく忙しい日々です。高枝切りばさみが欲しい・・・年末できれば子供たちをスキーに連れて行きたいのですがいけるかな?引越し後まだまだやることがいっぱいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です